Profile

 

ピアニスト 武田 朋子 Tomoko Takeda

北海道北広島市出身。藤女子中学・高等学校を経て、国立音楽大学を卒業後、イタリア・ミラノのスカラ座室内楽アカデミーにて研鑽を積んだ。バロックから近現代作品に至る幅広いレパートリーを持ち、歌曲、オペラ、器楽、室内楽とオールジャンルのアンサンブル作品を演奏し、多くのソリストから厚い信頼を得ている。現在は東京を拠点に年間100ステージを超える演奏活動を続けている。また、初等ピアノ教育や高等課程者へのソルフェージュ教育も得意とし、後進の指導にもあたっている他、発達障害やアスペルガー等のハンディキャップを抱える子どもたちへのレッスンも積極的に行っている。

1995年日豪音楽交流演奏会(シドニーオペラハウス)招聘演奏。故ジュリアーノ・チャンネッラ氏による声楽マスタークラス、広島国際音楽セミナー・クラリネット(ミシェル・アリニョン氏、武田忠善氏)クラスにて公式伴奏を務めた。

 

 

 

【参加作品】